★更新情報★

2017.4.18  【ひき町】町田の当事者会5月6月の予定を掲載しました

2017.4.10 【NEWS! 】全国初となる当事者発のピアサポート学習会の最終報告書が完成しました!

2017.4.6  【ピアサポートゼミナール】2017年度ピアサポートゼミナールの開催が決まりました!

2017.3.31 【NEWS!】4月中旬頃に成果物報告書を出版します!

2017.3.12 【ピアサポート日記】ひき町(町田で開催する当事者会)の案内を掲載しました

2017.3.6  【ピアサポート日記】ピアサポートゼミナール活動報告会の感想を掲載しました

2017.2.24 【今後の予定】全国若者・ひきこもり協同実践交流会で報告いたします

2017.2.8  【ピアサポート日記】ピンクシャツデー2017のご案内を掲載しました。

2017.2.1  【ピアサポートゼミナール】ひき桜公式ブログにて「ひきこもり大学ピアサポートゼミナール活動報告会」の案内を掲載しました。

2017.1.29 【ピアサポート日記】200本目の記事を書きました!

2017.1.23 【今後の予定】今後の予定を更新しました

2017.1.21 【ピアサポートゼミナール】ひきこもり大学ピアサポートゼミナール活動報告会の案内を掲載しました

2017.1.15 【ピアサポート日記】インタビュー掲載に関する記事を書きました

2017.1.11 【NEWS!】ひきこもり新聞第2号に筆者インタビュー記事が掲載されます!

2017.1.9  【ピアサポート日記】第10回ひきこもりピアサポートゼミナールの報告を書きました

2017.1.8  【ひき桜】第11回ひきこもりピアサポートゼミナール&第16回ひき桜のご案内を掲載しました

ひきこもりピアサポートとは?

 

ひきこもりピアサポートとは「ひきこもり状態にある・あった方同士が、自らの体験を共有したり相互に支え合うこと」です。似た経験を持っている人同士だからこそ共有できる話題があったり、悩みを相談し合ったり、ただ一緒に過ごすだけでも大きな価値があります。

 

なぜピアサポートが必要?

 

自分の持っている「苦しい思い・葛藤・乗り越える過程」などは、似た体験をした人にも一部共通するところがあります。つまり「自分の体験は相手と共有できる可能性があり、相手の役に立つことができる」と言えます。このように自分の体験は必ず誰かのためになります

「ピアサポート」という言葉は堅苦しいですが自分の体験を語ることは経験した本人しかできません。この語ることがきっかけとなって「悩みなどの共有」「様々な交流」「自分と相手の支え合い」が出来ると思います。これは自分にとっても周囲にとっても大きな価値があるのではないでしょうか。

以上のことから「自分たちだからこそ出来ること」を強みとして活かし、自分の体験を共通の悩みを持った人同士で共有する、そういう取り組みが増えていくことが必要です。

活動内容

主な活動紹介

ひきこもりピアサポート日記

ひきこもりとピアのチカラ


おすすめ特集


news!

新着情報をお届け!

今後の予定

主催イベント・発表などの予定を紹介しています。

更新情報

サイトの更新情報(過去掲載分)

リンク集