販売物のご案内

筆者が関係している販売物を紹介しています。

ピアサポート学習会報告書、ならびに筆者が書いた小冊子はBASE(冊子販売のオンラインショップ)よりご購入下さい。

オンライン購入が難しい場合には下記メールアドレスまでご連絡ください。

ひき桜代表:hikikomori.peer@gmail.com

 

送料は購入部数にかかわらず一律300円です。

※BASEによるご購入の場合、クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・Pay easy決済・キャリア決済での支払いが可能です。

★最新発刊物★

①2017年度ピアサポート学習会報告書「ひきこもり当事者主体によるピアサポート学習プログラムのモデル事業実施報告書」

2017年度ピアサポート学習会の報告書が完成しました!

BASEオンラインショップにて購入申し込みを承っております。

 

A4版全62ページにわたり、1年間の取り組みをまとめています。ピアサポートについて学びたい方にはお勧めです。

無線綴じ+表紙ツヤ加工です。

 

頒価1部800円+送料300円で有償配布いたします。

画像をクリックするとBASEページに移動できます。

 

メールによる申し込みを希望される方は下記筆者アドレスまでご連絡ください。

hikikomori.peer@gmail.com(ひき桜代表)


②2016年度ピアサポート学習会報告書「ひきこもり当事者主体による全国初の体系的なピアサポート学習会の実践報告」

2016年度神奈川県社会福祉協議会の助成を得て開催した「ひきこもりピアサポートゼミナール」の1年間の取り組みをまとめた報告書です。

ピアサポート学習会で得た知見を余すところなく紹介しております。

A4版23ページ(無線綴じ)

価格:500円

 

目次:「ひきこもりをめぐる問題背景」「ひきこもりピアサポートゼミナールとは何か」「ひきこもりピアサポートゼミナールで使用したテキストについて」「ゼミナールの構成・時間割など」「今年度のプログラムについて」「今年度の開催報告」「最終アンケートの考察」「ひきこもりピアサポートに関する考察」「総括」


③当事者活動における葛藤とピアサポートの可能性

2018年1月に書き下ろしした原稿です。本文21500字、A4サイズ15ページ構成、プリンター印刷なのでホッチキス留めです。

 

筆者が「ひき桜」を含めた様々な当事者活動を行っている中で感じる葛藤・悩みについて詳しく紹介しているほか、ピアサポートが当事者活動において有効なのではないか、という考察を交えて執筆しました。筆者の最新の考え方が余すところなく紹介されています。居場所に関心のある方、ピアサポートに関して関心のある方など、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

 

価格:200円

 

目次:「ひきこもりをめぐる問題背景」「ピアサポートとは何か」「筆者のリカバリーについて(これまでの歩みと葛藤)」「『ひき桜』を中心とした実践活動」「当事者活動の意義(ヘルパーセラピー原則など)」「当事者の葛藤について」「ピアサポートの可能性と課題」「考察(ピアサポートに関する)」


④当事者主体によるピアサポートについての考え方

2017年10月に執筆した原稿です。本文7000字、A4サイズ7ページ構成、プリンター印刷なのでホッチキス留めです。

 

この原稿ではピアサポートの理論体系についてざっくりと紹介をしております。長い文章が苦手な方はこちらをご覧いただくのが良いかもしれません。ピアサポートがなぜ重要か、またピアの範囲についても述べています。

 

価格:100円

 

目次:「ピアサポートは何か」「なぜピアサポートが重要なのか」「ピアの範囲・立場性」「ピアサポートの機能」「ピアサポートの目的・機能」「ピアサポーターが抱える葛藤」「本人と家族のリカバリー」


⑤ひきこもりとピアのチカラ(全3種)

2014年~2016年にひき桜代表が執筆した原稿です。本文12000字、A5サイズ28ページ構成、背景全ページフルカラー、プリンター印刷なのでホッチキス留めです。

 

価格:各種1部200円

 

詳細・目次につきましてはBASEオンラインショップ(画像をクリックすると移動します)をご覧ください。

 

※理論編は在庫切れとなりました。ご了承ください。